ascメディカルダイエット

よくある質問

皆さんから受ける一般的な質問にお答えしてあります。この他にご質問がありましたら、電話もしくはメールでご相談ください。

Q1:1回にどれくらいの時間がかかりますか?

両ワキだと約5分程度で終了します。範囲が広い脚(ヒザ上・ヒジ下)なども、2台のレーザーで照射していくので他のクリニックとは違う超高速脱毛です。なぜ、照射面積が広い大型サイズレーザーを使うのでなく、標準サイズの2台のレーザーを使用するかというと、「大型サイズレーザーは大柄な欧米人向きで、日本人のヒザやヒジなどはヤケドなどのトラブルになりがちなので使用しない」というascのこだわりがあるからです。

Q2:敏感肌でも大丈夫でしょうか?

もちろん大丈夫です。心配な方は、小範囲でテスト照射をします。男性のヒゲ脱毛が増えてきましたが、ほとんど敏感肌やアトピー肌でカミソリ負けなどで悩んでいた方です。多くの男性に、脱毛完了にしたがって楽になったと喜んでいただけています。女性のワキも自己処理で、肌荒れ、黒ずみ、クスミ、毛穴の盛り上がりなど起こすことが多く、レーザー脱毛をおすすめします。

男性の脱毛はこちらから>>

Q3:本当に痛くないのですか?

最新機種のソプラノ・アイスは蓄熱式脱毛という次世代の脱毛原理に基づいています。蓄熱式脱毛では痛みはほとんどありません。

太い毛が密集しているとレーザーは強く反応しますから男性のヒゲがいちばん痛いはずです。そこで男性のヒゲ脱毛の場合は、特に痛くない機械を使用するようになりました。また、2回目、3回目と回を重ねるごとに毛は細くてまばらになってきますから痛みも少なくなってきます。

Q4:なぜレーザーで脱毛ができるの?

「毛だけに反応するレーザーが、毛根を破壊するからです」とよく書いてありますが、レーザーが「これは毛だから」と区別できるわけではありません。メラニンの黒に反応するレーザーの特徴を利用します。レーザーがメラニンに反応すると、光のエネルギーが熱のエネルギーに変わって、毛の工場(幹細胞)を変性させます。そうするとそこからは毛は生えてきません。

Q5:光脱毛は?

原理は同じです。しかし、光脱毛は世の中にあふれているにもかかわらず、なかなか脱毛できるほどのエネルギーを一気に出すことが出来る機械がないので、きちんと脱毛できていないのが現状です。また、厚生労働省調査のエステ苦情の1位が「光脱毛機によるヤケド」というのは、一般エステの光脱毛機は、照射時の同時冷却が不十分な機械が多いことが原因です。当院では6種類の脱毛機器を使い分けています。

Q6:光とレーザーは違うの?

レーザーは単一波長、光は波長に巾があるというように、厳密に言えばこのふたつは異なりますが、このHP上では、レーザーという言葉でひとまとめにしてわかりやすく表現している部分もあります。ご了承下さい。

Q7:レーザー脱毛のしくみ(1回で脱毛できるの?)

どんなに機械が優秀でも1回で脱毛はできません。毛には毛周期があります。今、全部毛が生えているようでも、成長期のAという毛(メラニンがたくさんある)、まだ赤ちゃんのBという毛(休止期)、もう抜ける一歩手前のC(退行期)という毛が混在して、交代で順番に育っていく(生えていく)運命なのです。照射で生えてこないように脱毛できるのは成長期のA(メラニンがたくさんある)という毛だけです。

したがって、Aという毛は生えてきませんが、BやCの毛が生えてきます。そこで、BやCの毛がしっかり生えて、成長期のAの毛に育ったときにレーザーを照射していくと全部の毛が生えてこなくなるのです。

Q8:何回くらい照射するのですか?

当院の機械と脱毛治療計画でいくと、5~6回です。毛が生えそろう前の照射は無駄ですので、照射の度に問診をしていつ頃生えそろったか聞いて照射していきました。その結果、2回目2ヶ月後、3回目3ヶ月後、4回目4ヶ月後、5回目5ヶ月後、これでほぼ細い毛になってきて、その後半年というのが平均的なコースでした。しかし、個人差がありますので、その方の毛の生え方によってあわせていっています。

基本は「減って、毛が細くなってきたら間隔をあけていく」ということです。逆に3ヶ月あけてくださいと言われて、3ヶ月たっても毛が生えてなかったら無駄な照射になるので、生えてきてから照射します。

ワキなどは、その治療計画でいくと3回で「かなり減った」、平均5回くらいで、脱毛できたかなという感じですが、完璧に細い毛までも脱毛希望される方は、もっと照射回数が増えます(5~10回)。また、なんらかの事情で照射間隔をきちんとあけられなかった場合、皮膚が褐色気味の方、痛みに弱い方は完了までの回数が増えます。

Q9:顔も回数は同じですか?

顔は特に毛周期が異なるので、回数が必要になります。10~20回(1年~2年で完了)必要です。

個人差はありますが、だいたい女性は5回程度でかなり減って、ツルツルにしたい方は5~10回です。男性のヒゲは6~10回でかなり減った感じがして、ツルツルにしたい方は15~20回程度必要です。かなりヒゲが濃い方でも、6~10回すれば青い毛穴が目立たなくなり20回すればほとんど気にならなくなります。

Q10:脱毛の間隔は?

毛には周期があります。休止期、成長期、退行期。レーザーはメラニンに反応するので、メラニンが多い成長期の毛だけが脱毛できます。まだ成長期になってないときにレーザーを照射すると、温熱育毛効果でかえって毛が軽い刺激で太くなったり、脱毛はできない上に皮膚にもメラニンがあるために皮膚だけ反応して炎症(ヤケド)をおこしたりします。つまり、毛はしっかり太く大人の成長期になったときでないと安全に効果的な脱毛ができないのです。

毛が生えそろう前の照射は無駄ですので、照射の度に問診をしていつ頃生えそろったか聞いて照射していきました。平均的には、2回目2ヶ月後、3回目3ヶ月後、4回目4ヶ月後、5回目5ヶ月後、その後半年で行っています。これでほぼ細い毛になってきて、その後半年というのが平均的で一番効率がよい方法でした。しかし、これは平均で、個人差がありますので、その方の毛の生え方によってあわせていっています。

基本は「減って、毛が細くなってきたら間隔をあけていく」ということです。逆に3ヶ月あけてくださいと言われて、3ヶ月たっても毛が生えてなかったら無駄な照射になるので、生えてきてから照射します。いよいようぶ毛になったら1年あけます。

なにか特別の予定がある方は、早めの照射も行っていますが、5回コースの場合、なるべく予定通り間隔はあけた方が5回終了後脱毛の仕上がりが完璧に近いと思います。

Q11:施術間隔をあけるほうが良いのですか?他のクリニックやエステでは施術を2か月以上あけると毛根が再生して効果がなくなると説明していると聞きました。いったいどちらが正しいのでしょうか?

脱毛間隔ですが、一時的脱毛のエステ光脱毛は、減毛状態を維持するために1~2ヶ月ごとの照射が必要です。

これは照射の間隔が長いと毛が生えてくるからです。

一旦脱毛できた部位は生えてこない医療レーザー脱毛では、レーザーのターゲットとなるメラニン(黒色)が沢山ある成長期の毛が多いほど1回の脱毛効果が高くなるので、間隔があいているほど成長期の毛が増えそろって、脱毛効果が高くなります。ワキなど多くの部位で2ヶ月以内の照射は無駄な照射になります。だんだん脱毛が完了してきますので、医療レーザー脱毛で「ずっと2ヶ月ごとの照射」というのは、無駄な照射を増やすことになります。

Q12:費用はどれくらいかかるのですか?

費用は料金表をご参考ください>>

Q13:エネルギー(出力、ジュール数)をあげずに照射したり、間隔をあけずに照射するとかえって太くなるって本当?

出力が弱かった場合にでも、その残光が毛乳頭まで届くことがあります。そのような弱い光は温熱効果がありますから毛乳頭の血行を良くして育毛効果が現われる可能性があるといわれています。以前より、「男性型脱毛症に弱い出力でレーザーを照射すると生えてくる」いわれており、学会でも発表が見られるようになったくらいですから要注意です。

痛くないように前回と同じエネルギーや下げて照射したり、照射の間隔をあけずに(毛にメラニンがあまりないのに)照射したりすることを繰り返していると脱毛出来にくくなってしまいます。

Q14:エネルギー(出力)を上げるって?

1回目より、2回目、2回目より3回目というようにレーザーのエネルギー(出力、ジュール数)をあげていきます。毛が細くなるにつれて、脱毛するのには、高いエネルギーが必要です。ただその方の肌状態や、痛みに強いか弱いかでも、エネルギー設定は変わります。

Q15:アカイケ脱毛の機械の違いは?

当院では医療レーザー脱毛機(ソプラノアイス/ライトシェア)と光脱毛機(ヴィーナスヴェルサ)を使い分けています。もっとも安全で細い毛まで脱毛できるのは、ソプラノアイス、ライトシェアです。毎年たくさん出ている脱毛器の中では、この5種類が最高と考えています。とくにソプラノアイスは蓄熱式脱毛という、新しい世代の脱毛です。

厚生労働省のエステ苦情の最も数が多いのは、IPL脱毛とかフラッシュ脱毛とよくいわれているエステの光脱毛機によるやけどなどのトラブルです。エステの光脱毛機でヤケドが多いのは、照射と同時の冷却が不十分な機械が多いのが原因です。光脱毛機でトラブルなく脱毛ができる機械は接触型冷却のascの光脱毛機のみといっても良いと考えています。

Q16:一般の光脱毛では永久脱毛できないとは、どういうことですか?

一般の光脱毛は、「出力が弱く、冷却装置が不十分」なので、脱毛できない、出力を強くすると冷却装置が不十分なのでヤケドになりやすいという事です。だいたい、2ヶ月に1回のペースで2年照射の施設が多いようです。2ヶ月ごと数回繰り返し続けると、毛は機械によって程度の差はあれ減ってきますが、毛ぞりやワックス脱毛も、繰り返し処理を続けているかぎりははえてきません、これと同じです。これを脱毛できてきたと勘違いする方もいます。出力が弱いので、二度と生えてこなくなるほどの脱毛効果はなく、2年たち照射をしなくなると徐々に毛がまた生えてくるということです。機械の性能の差により、「太い毛だけは減った」~「すっかり元通りになった」と、いろいろあります。また、2年終了時に照射を2ヶ月ごとにしているのに、まだ毛が残っていることも多いようです。

Q17:IPL脱毛、フラッシュ脱毛、プラズマ脱毛はどれがいいのですか?

エステの光脱毛の、IPL脱毛、フラッシュ脱毛、プラズマ脱毛などというのは、業者やレーザー機器の会社が「光」に独自にネーミングしている場合が多く、いろいろな呼び方をしているようですが、はっきり言ってこの3つ種類に差はありません。

Q18:どこの施設でも脱毛できると書いてありますが、どう違うのですか?

例えば、脱毛効果の確認に脱毛前に照射部位の写真をとるという施設があるようですが、レーザー脱毛で毛がなくなるのは明らかです。当院の脱毛効果は肉眼で誰でもが確認できるので、脱毛部位の写真を撮る必要はまったくありません。結局、「脱毛できる」と書いてあっても、その内容が「照射し続けている1年2年間だけ、毛が生えてこない」「太い毛は生えてこなくなったけど、細い毛は生えてくる」「細い毛まで生えてこない」というように違うのですが、当院の脱毛は、「細い毛まで生えてこない」を目指しています。

Q19:「脱毛は機械の性能による」とあります。では、機械が同じだと脱毛効果は同じですか?

1回1回の照射のエネルギー設定、照射間隔のあけ方、脱毛前後の細かいアドヴァイスによって、脱毛効果は異なります。上記の照射回数の説明も、当院のように初めから生えてこないことをめざして1回1回できるだけエネルギーを可能な限りあげて、照射の間隔をきちんとあけていって照射するということを徹底してこの回数です。

エネルギーをあげずに繰り返したり、間隔をあけずに成長期にもなっていない毛に照射ということを行うと、とうてい脱毛はできずかえって毛が太くなったりしますので要注意です。1回ごとの支払いの施設の中には、間隔をだんだんとあけることをせずに、ずっと1~2ヶ月のまま照射したりすることもあるそうですが、それだと完全に脱毛するためには何十回も照射が必要になってしまいます。

Q20:お手入れは必要?

保湿が不十分で、乾燥していると、角質に空気が存在し冷却が不十分となり痛みを感じてエネルギーを充分あげることができなかったり、ヤケドの原因になります。痛みでエネルギーをあげずに無駄な照射を繰り返したりすると、かえって毛が太くなったりして脱毛が完了しにくくなるので、保湿の必要性をアドバイスしています。手持ちの保湿製品でも結構ですが、当院であつかっているデリケートジェルを使用していただくと、最大の脱毛効果を出すことができます。さらに肌荒れや、くすみも改善され、脱毛後のトラブルの予防にもなります。

Q21:できるだけはやく脱毛したいのですが、初めて受診した日からすぐに脱毛してもらえますか?

一回目の来院から、レーザー脱毛は可能です。毛抜きで抜いている方は、カミソリ処理にかえておいていただけると一回目からレーザー脱毛の効果が大きいです。

Q22:脱毛後のアフターケアは?

アトピー性皮膚炎のかたにも適応の保湿力の強い「保湿水」や、美白作用の強い抗酸化物質(ビタミンC、E、βカロチン)配合のジェルを塗布して、脱毛後の炎症をおさえる上に美白していきます。

Q23:ワキも乾燥するんですか?

「ワキが乾燥なんて」と思われるかもしれませんが、結構ワキが乾燥されている方もおられます。とくに脚(ヒザ下)などは、年齢に関係なく乾燥気味の方が多いです。特に照射の前には、がんばってマメに塗ってもらってうるおい肌にしてもらって、強く照射して一気に脱毛していきます。

Q24:口のまわりの脱毛希望なんですが、お化粧はできますか?

顔の脱毛後の化粧の件ですが、施術後より化粧していただいて、なんら問題ありません。UVカット用のファンデーションを使用してください。

Q25:男性でも脱毛できますか?

できます。ここ数年、男性の脱毛希望者がかなり増えています。お気軽にご相談にお越し下さい。男性の脱毛はこちらから>>

Q26:アトピー性皮膚炎でも大丈夫でしょうか?

レーザーによる、アトピーやじんましんの悪化はありません。むしろ、自己処理による皮膚の炎症のほうが数倍肌への負担がかかるため、レーザー脱毛をおすすめします。